舞台で着用できる金属アレルギー対応のアクセサリー


いつもCanapeのウェブサイトをご覧くださり、ありがとうございます。

来る2019年12月8日(日)に、甲府市のベルクラシック甲府で行なわれる「YAMAHA ゴスペルクワイヤ クリスマス ジョイフル コンサート」にご出演されるA様からアクセサリーのご依頼をいただきました。

今回は、ネックレスとピアスをお作りいたしました。

ゴスペルのコンサートでは、白いドレスをお召しになるとのことで、煌めくアクセサリーをご所望でした。一方で、A様は金属アレルギーをお持ちとのこと。

金属アレルギーの発生機序をごく簡単にご説明すると、金属が汗などの体液に溶け(イオン化)、それが体内で異物として認識され、過剰反応をすることによって、アレルギー症状が起きるというものです。

そのため、コーティングなどで金属に触れないようにするか、溶けにくい金属を使う、または、まったく金属を使わない……ということが対策として考えられます。

今回のアクセサリーは、金属部分を一切使わない技法で製作いたしました。こういうことができるのも、ビーズアクセサリーの強みであります。

ピアスは、樹脂パーツを利用しています。また、ネックレスについて、留め具の部分は、下の写真のように、ビーズアクセサリーならではの形状で対応しています。

この形状にすることで、ドレス等に合わせて長さを変えることができます。金属アレルギーに対して、様々な対策が考えられるなか、そもそも金属を使わないことが最も安心な方法であることは間違いありません。

今回の内容は、金属アレルギーに対して、ビーズアクセサリーの強みを充分に発揮できたと思っています。金属を使っておりませんので、コンサートで汗をかいても、安心です。思う存分、演技に集中していただければ嬉しく思います。

ご依頼いただき、ありがとうございました。